寿の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

「長寿」「寿退社」など「寿」の漢字は縁起のよい、喜ばしい場面で見かけますね。しかし、名前に使うには一字だけでめでたい意味があるのか、悪い意味はないのかなども気になりますね。「寿」の一字を使って素敵な名付けができるように意味や由来、名付けのポイントをご説明します。

更新日:

「寿」漢字の読みや画数の基本情報

画数 7画
音読 ジュ
訓読 ことぶき、ことほ(ぐ)、ひさ(しい)
名乗り いき、かず、かつ、じ、じゅう、す、ず、たもつ、つね、とし、としなが、なが、のぶ、ひさし、ひで、ひろ、ひろし、ほぎ、ます、やすし、よし
意味

1. 寿命が長い。久しい
2. 命
3. 年寄
4. 祝う。ことぶき
5. 星座の名前。人の生命を司る

由来/
成り立ち
昔は「壽」と書いた。上部の「士」は「老」を簡略にしたもの、中間は「田にある畝」、下部の「口」は神様へのお祈りに使う器を意味し、組み合わせて「畝の間に器を置き、長生きをお祈りする場面」を表現した。
説明の
仕方
「コトブキ」

「寿」の意味や由来は?

家族

「寿」はもとは「寿命が長い」ことを意味する漢字です。長寿の祝いには「米寿」「白寿」など「寿」が使われていますよね。この由来は「寿」の旧字体「壽」から読み解けます。

「壽」の最上部にある「士」は「老」の一部を省略したもので、中間に位置する「エ」や「一」などが入り組んだ部分は田んぼの「長い畝(ウネ)」を表現しています。そして、下部にある「口」は神様にお祈りする時に使う器を意味し、これらを組み合わせて「畝の間に器を置き、長生きすることを神様にお祈りする場面」を表現したのが「壽」です。
ここから「寿命が長い」という意味が生まれ、その後は寿命の長さに関係なく「命」の意味へと派生しました。長生きを「祝う」の意味も生まれました。「寿」はそれを書きやすく簡略化しただけです。

ちなみに、旧字体の「壽」は名前に使え、意味も読みも「寿」と同じです。ただ画数だけは大きく違い、「寿」の7画に対し、倍の14画あります。
画数が多いだけに子供だと慣れるまでは書くのに苦労することもあるようです。

男の子の名前に使われる「寿」

めでたい意味がある「寿」は、名前によく使われます。
有名人の名前で目にする機会があると思いますが、たとえば俳優の唐沢寿明(トシアキ)さんや元サッカー日本代表の中田英寿(ヒデトシ)さん、ロックバンド・Mr.Childrenの桜井和寿(カズトシ)さんなど「トシ」の響きを使った名前が多く見られます。他にも「ヒサ」の響きで寿人(ヒサト)や一字で寿(ヒサシ)などが挙げられます。

「寿」はどちらかというと男の子に使われる印象が強いため、女の子の名前ではあまり見られません。使用例としては「ス」「ズ」「ジュ」などの響きで寿々(スズ)や安寿(アンズ、アンジュ)、志寿花(シズカ)、明寿香(アスカ)などが考えられます。

「寿」は縁起の良い漢字

風景

「寿」はその意味の通り、おめでたいお祝いのイメージがありますね。具体的には「長寿」や88歳の誕生日を祝う「米寿」などの言葉から連想して、「長生き」や「健康的」「縁起が良い」「喜ばしい」といった連想ができます。さらに「長生き」することは「秀でる」ことにつながり、「知恵を備えて賢い」様子や「冷静に物事を判断する」姿、「角がなく優しい」様子も連想できます。

また、東京にある「恵比寿」という地名にも「寿」の漢字が使われています。直接の由来ではありませんが、これは「七福神」の一人、商売繁盛の神様「恵比寿天」様が関係しているので、そこからの連想をすることもできそうです。
「健康」「商売繁盛」など様々な祝い事のほかに、「賢い」「冷静」「優しい」などのイメージを膨らませられますね。

「寿」にはどんな願いや想いが込められる?

親子

「寿」がもつイメージと、子供の成長する姿を重ねて、ぜひ素敵な想いを込てあげてください。

「健康的」「縁起が良い」イメージを活かすと「健康で幸せな人生を送ってほしい」「長い人生を通して、大きな夢を実現させてほしい」「様々な経験を通して人生を楽しんでほしい」などの願いを込められます。

「寿」がもつ前向きなイメージは「生まれてくる赤ちゃんが幸せになってほしい」という願いをうまく表現できそうですね。縁起の良い「寿」の一字を使って素敵な名前を贈ってあげてください。

【組み合わせて使われる漢字】
寿(カズトシ)
寿(トシアキ)
寿(トシキ)
寿(トシヤ)
寿(ヒサト)
寿(ヒデトシ) など

寿(アンズ、アンジュ)
寿々(スズ)
明寿(アスカ)
寿(シズカ) など

おすすめ記事